Home > コラム, 和歌とともに > 春の歌 「年のうちに 春は来(き)にけり」 古今和歌集 在原元方(ありはらのもとかた) 

春の歌 「年のうちに 春は来(き)にけり」 古今和歌集 在原元方(ありはらのもとかた) 



ふるとしに春たちける日よめる  

年のうちに 春は来(き)にけり ひととせを
去年(こぞ)とやいはむ 今年(ことし)とやいはむ


古今和歌集  在原元方(ありはらのもとかた) 

[現代語訳]
新年になる前に立春を迎えた日に詠んだ歌

年内のうちに 春が訪れた この一年を
去年と呼んだらいいのだろうか 今年と呼んだらいいのだろうか

[ひとこと解説]
陰暦では、立春の前に正月が来るときもありますし、後のときもありますし、同じ日のときもあります。
例えば2015年の場合、立春は2月4日。この日は陰暦では12月16日で、まだ新年にはなっていません。

この歌は、新年になる前に立春が来たときのことを詠っています。

[訳・文:蓬田修一]


Posted on 2015-02-04 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed
関連記事