【別れの歌】立ち別れ 在原行平朝臣

題しらず

立ち別れ
いなばの山の
峰に生(お)ふる
まつとし聞かば
いま帰り来む

在原行平朝臣

古今和歌集、巻八離別歌の巻頭に所収されている歌です。

編者たちは巻頭に置く歌に、自分たちの想いを込めているはずです。

国文学の研究者たちは、どんな想いが込められているのかを研究しているのかもしれません。

そうした学問的なアプローチとは別に、わたしたちが「どうしてこの歌が巻頭に置かれているのだろう?」と、人それぞれに考えることは、「古今和歌集」に接するとき、意義あることでしょう。

皆さん、歌の意味が理解できましたでしょうか。

この歌は、わたしたち現代に生きる人にとって馴染のない、和歌独特の掛詞が使われていますので、意味が取りにくかったと思います。

歌の意味を確認しましょう。


題知らず

これでお別れですね
わたしは因幡の国へ赴任します
因幡の山には松の木が育っているでしょう
その松にちなんで
わたしの帰りを待っていてくださると
聞いたならば
すぐにでも帰ってまいりましょう

詞書にある「題知らず」は、「歌の題が分からない」という意味ではありません。

平安時代は「歌合せ」と呼ばれる歌会が盛んに行われていましたが、そうした歌会で詠われた歌ではないということです。

また、お題を与えられて詠われた歌でもありません。

つまりは、歌ができた背景がよく分からないという意味です。

「いなば」は、「去(い)なば」と「因幡(いなば)」の掛詞。

「今」は、今すぐの意味。

作者の行平は斉衡二年(855)、因幡守になっています。

行平はこの歌を、因幡に赴くときの送別の宴で詠んだのでしょう。

「いなば」「まつ」という掛詞が使われていて和歌らしい和歌だと思います。

それと、詠みぶりから「できたら赴任したくない」という気持ちが見え隠れてしているようにも感じます。

当時の貴族たちは、都を離れるのを嫌がっていたのが分かるようで、とても興味深いです。

古今和歌集の編者たちは、そうした貴族に共有する気持ちを詠った歌として、巻頭に置いたのかもしれません。

(とはいうものの、地方に行けば経済的な旨みがあったり、のんびり暮らせたりと、地方に行くことを肯定的に捉えていた貴族もいたのかもしれませんが、「都を離れるのはつらい」という定型の想いが、好んで和歌に詠まれたとも思われます)

古今和歌集について

「古今和歌集」は言わずと知れた勅撰第一歌集である。

四季の歌、恋の歌を中心に、平安朝初期からおよそ100年間の名歌1100首を、時間の経過や歌の照応関係に留意しながら、20巻に整然と配列する。

日本人の美意識を決定づけた和歌集である。

醍醐天皇はときの有力歌人四名をお選びになり、勅命をくだして歌集編纂にあたらせた。

ただし、これら撰者たちは万葉集を勅撰第一歌集とみなしていた。

撰者たちは編纂を進め第一段階の歌集ができたとき、それを「続万葉集」と名付けていたことから分かる。

その後も編纂作業を進めて、延喜五年に完成させ、名称を「古今和歌集」とした。

古(いにしえ)と今(いま)の歌を集めたのである。

その後、古今集は我が国筆頭の歌集として、今に至るまで1000年以上にわたって、受け継がれてきたのである。

世界を見渡して、1000年以上前の書物を、これほど多くの国民がいまでも親しんでいる国はない。

世界に誇る我が国の文化遺産であり伝統である。




Posted on 2024-04-22 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

在蜘蛛網中 YOMO和歌

在蜘蛛網中
清晨的露珠閃閃發亮
蜘蛛絲
成為一條美麗而轉瞬即逝的弦
貫穿其中

蜘蛛の巣に
光る朝露
蜘蛛の糸
玉の緒となり
貫き通す

YOMO




Posted on 2024-04-21 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

【悲しみの歌】寝るがうちに 壬生忠岑

あひしれりける人の身まかりければよめる

寝(ぬ)るがうちに
見るをのみやは
夢といはむ
はかなき世をも
うつつとは見ず

壬生忠岑

古今和歌集、巻十六哀傷歌部に所収の歌。


深い契りを結んだ人が亡くなり詠んだ歌

寝ているとき
見るのだけが夢というのだろうか
はかないこの世も
現実とは思えない

詞書にある「身まかる」は亡くなる。

「うつつ」は現実のこと。

この世は現実ではなくて夢であると詠んだ歌。

和歌では、夢と現実の両方が存在すると考える歌が多い。

しかし、この歌は現実などはなく、世の中は夢そのものであると詠んでいる。

現実と思っていた世の中が実は現実ではない、という世界観。

わたしはこういう世界観の作品が好きだ。

映画にもある。「マトリックス」だ。

主人公のネオはある日突然、「おまえの住んでいる世界は現実ではない。プログラミングされて作られた仮想現実に存在している」とモーフィアスに告げられる。

ネオは混乱する。そして様々な人たちと関わりながら、自分が何者であるかを自覚し、自分の責務(想い)を遂げようする(しかし、それは結局はマトリックスのバージョンアップにつながるという皮肉な結果に終わるのだが)

一方、忠岑はこの歌で、世の中に現実などない、現実は夢そのものであると詠う。

愛する人が亡くなった悲しみはあまりに大きく、この世に現実なんてない、この世は夢なのだ、と嘆いている。

古今和歌集について

「古今和歌集」は言わずと知れた勅撰第一歌集である。

四季の歌、恋の歌を中心に、平安朝初期からおよそ100年間の名歌1100首を、時間の経過や歌の照応関係に留意しながら、20巻に整然と配列する。

日本人の美意識を決定づけた和歌集である。

醍醐天皇はときの有力歌人四名をお選びになり、勅命をくだして歌集編纂にあたらせた。

ただし、これら撰者たちは万葉集を勅撰第一歌集とみなしていた。

撰者たちは編纂を進め第一段階の歌集ができたとき、それを「続万葉集」と名付けていたことから分かる。

その後も編纂作業を進めて、延喜五年に完成させ、名称を「古今和歌集」とした。

古(いにしえ)と今(いま)の歌を集めたのである。

その後、古今集は我が国筆頭の歌集として、今に至るまで1000年以上にわたって、受け継がれてきたのである。

世界を見渡して、1000年以上前の書物を、これほど多くの国民がいまでも親しんでいる国はない。

世界に誇る我が国の文化遺産であり伝統である。




Posted on 2024-04-21 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

很快就會消失 和泉式部 YOMO超訳

很快就會消失
我的人生只剩下一點點

回首往事,有開心的事,也有痛苦的事
很多回憶

和你一起度過的快樂的日子
一連串震撼靈魂的瞬間

我的願望會實現嗎?
如果我們再次相遇,我不會有任何遺憾

和泉式部

あらざらむ
この世のほかの
思ひでに
今ひとたびの
逢うこともがな

和泉式部




Posted on 2024-04-20 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

It will disappear soon Izumi Shikibu

It will disappear soon
I have only a little bit of my life left

Looking back, the fun and the painful things
Lots of memories

Happy days spent with you
A series of soul-trembling moments

Will my wish come true?
If we meet again, I won’t have any regrets

Izumi Shikibu

あらざらむ
この世のほかの
思ひでに
今ひとたびの
逢うこともがな

和泉式部




Posted on 2024-04-20 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

This world is a dream, Kino Tsurayuki

あひしれりける人の身まかりければよめる

夢とこそ
いふべかりけれ
世の中に
うつつあるものと
思ひけるかな

紀貫之

This is a poem included in the Kokin Wakashu, Volume 16, Elegy.

A poem I wrote after my loved one passed away.

This world is a dream
I should have said it
I believed that there was reality in the world

Kino Tsurayuki

This is a poem about how this world is not reality but a dream.

There are many poems that think that dreams and reality both exist.

However, this poem states that there is no such thing as reality, and that the world is just a dream.

The world we thought was real is actually not real.

I like works with this kind of worldview.

There is movie that depict this kind of worldview.
It’s “The Matrix.”

One day, the main character Neo was suddenly told by Morpheus, “The world you live in is not real. You exist in a virtual reality created by programming”.

Neo was confused.
As he interacted with various people, he realized who he was and tried to fulfill his responsibilities (thoughts).

However, it ended up leading to an updated version of the Matrix, which was an ironic result.

On the other hand, Tsurayuki believes that there is no reality in the world, and that reality is just a dream.

The sadness of losing a loved one was too deep.

He lamented that there is no reality in this world, this world is a dream.




Posted on 2024-04-20 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

【悲しみの歌】夢とこそ 紀貫之

あひしれりける人の身まかりければよめる

夢とこそ
いふべかりけれ
世の中に
うつつあるものと
思ひけるかな

紀貫之

古今和歌集、巻十六哀傷歌部に所収の歌。


深い契りを結んだ人が亡くなり詠んだ歌

この世は夢だと
言うべきであった
わたしは世の中に
現実があるものと
思っていた

詞書にある「身まかる」は亡くなる。

「うつつ」は現実のこと。

この世は現実ではなくて夢であると詠んだ歌。

夢と現実は両方存在すると考える歌が多いが、この歌は現実などはなく、世の中は夢そのものであると詠んでいる。

現実と思っていた世の中が実は現実ではない、という世界観。

わたしはこういう世界観の作品が好きだ。

映画にもある。「マトリックス」だ。

主人公のネオはある日突然、「おまえの住んでいる世界は現実ではない。プログラミングされて作られた仮想現実に存在しているに過ぎない」とモーフィアスに告げられる。

ネオは混乱する。そして様々な人たちと関わりながら、自分が何者であるかを自覚し、自分の責務(想い)を遂げようする(しかし、それは結局はマトリックスのバージョンアップにつながるという皮肉な結果に終わるのだが)

一方、貫之はこの歌で、世の中に現実などない、現実は夢そのものであると詠う。

愛する人が亡くなった悲しみはあまりに大きく、この世に現実なんてない、この世は夢なのだ、と嘆いている。

古今和歌集について

「古今和歌集」は言わずと知れた勅撰第一歌集である。

四季の歌、恋の歌を中心に、平安朝初期からおよそ100年間の名歌1100首を、時間の経過や歌の照応関係に留意しながら、20巻に整然と配列する。

日本人の美意識を決定づけた和歌集である。

醍醐天皇はときの有力歌人四名をお選びになり、勅命をくだして歌集編纂にあたらせた。

ただし、これら撰者たちは万葉集を勅撰第一歌集とみなしていた。

撰者たちは編纂を進め第一段階の歌集ができたとき、それを「続万葉集」と名付けていたことから分かる。

その後も編纂作業を進めて、延喜五年に完成させ、名称を「古今和歌集」とした。

古(いにしえ)と今(いま)の歌を集めたのである。

その後、古今集は我が国筆頭の歌集として、今に至るまで1000年以上にわたって、受け継がれてきたのである。

世界を見渡して、1000年以上前の書物を、これほど多くの国民がいまでも親しんでいる国はない。

世界に誇る我が国の文化遺産であり伝統である。




Posted on 2024-04-20 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

Literature is a Sculpture of Words

Isn’t it everyone’s desire to understand people deeply and broadly?

Conversely, it is difficult for people who do not want to understand others to survive socially.

Literary works are places that depict humans in a realistic manner.

In literary works, there are many different kinds of people living in real life.

It can be said that we read works in order to meet the people who live within them.

Artists create vivid human beings in their works.

When it comes to what we create, it is through words.

Writers create characters through words.

The sculptor stands a thick log in front of him and uses a chisel to carve out a figure little by little.

Literary scholars, just like sculptors, use the chisel of words to gradually excavate characters.

Posted on 2024-04-19 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

文学とは言葉による彫刻である

人を深くそして広く理解したいとは、誰もが持つ願いではなかろうか。

逆に言えば、他人を理解したくないと考える人は、社会的に生存していくことは難しい。

文学作品は、人間とリアルに描く場所である。

文学作品のなかには、さまざまな人間がリアルに生きている。

わたしたちは、作品のなかに生きている人物に会いに作品を読むのだともいえる。

文学者は、生き生きとした人間を作品のなかにつくりあげる。

何によってかつくるかといえば、言葉だ。

文学者は言葉によって人物を造形する。

彫刻家は太い丸太を自分の前に立てて、そこにノミで少しずつ削って人物を削り出す。

文学者はまさに彫刻家のように、言葉というノミを使って、少しずつ人物を掘り出していくのだ。




Posted on 2024-04-19 | Category : コラム, 文学の談話室 | | Comments Closed

About Haruki Murakami’s Literature (Writing Style)

A few days ago, I wrote an article about Haruki Murakami’s works.

Therefore, I wrote that Haruki Murakami is particular about his writing style.

Furthermore, I wrote that although it seems that he is particular about his writing style, I cannot feel the energy that would move the soul of the reader.

Today, I would like to think a little more about the writing style of Haruki Murakami’s works.

I read somewhere that when Haruki Murakami made his debut, he gained acclaim for his writing style, which was different from previous literature.

I imagine that it was popular for its light, jazz-like music, and novel figurative expressions.

Actually, when I first read Haruki Murakami’s work, I didn’t find the writing style new.

I guess my sensitivity to Haruki Murakami’s works is dull.

I vaguely thought that even if the writing style was new, if the theme and content lacked substance, the work would have little value.  

But then I suddenly remembered that Futabateishimei who was Meiji era novelist and translator, wrote “UKIGUMO(floating clouds)” in a colloquial style which is unification of the spoken and written languages.

The invention of a colloquial style has now become an important event that defines an era in literary history.

I just don’t feel the same way about Haruki Murakami, but 100 years from now he may be praised as a writer who changed the style of Japanese literature.

When Futabateishimei wrote “UKIGUMO”, he first wrote it in Russian and then translated it into Japanese.

Haruki Murakami’s writing style is the same. “Norwegian Wood” was first written in Greek and then translated into Japanese.
(Moreover, Haruki Murakami wrote this while staying in Greece.)

It seems that many of his works he first wrote in English, and were translated into Japanese.

It is no coincidence that Futaba Teishimei and Haruki Murakami’s writing methods are the same.

When inventing a new style of writing, the process of translating from a foreign language can be both exquisite and extremely powerful.




Posted on 2024-04-18 | Category : コラム, 文学の談話室 | | Comments Closed