西洋美術 鑑賞入門 旧約聖書「天地創造」

聖書が分かると美術鑑賞がより楽しく
西洋の美術作品、特に印象派以前の絵画作品は、聖書やギリシャ神話を知らないと、鑑賞が難しいのが多いんですよね。

わたし自身、美術に関心を持ち出して、美術展に行くようになって、痛切に感じたことです。

美術関連のサイトを運営しているんですが、そこにメッセージを寄せてくれる人の中には、わたしと同じ悩みを持っている人たちがたくさんいることを知りました。

そこで、まずは聖書について、美術を鑑賞するうえで最低限の知識や常識のようなものを整理して、少しでもみなさんの美術鑑賞のお役に立ったら嬉しいと思って、書いてみることにしました。

あくまで、美術鑑賞にあたってのごく基本的な聖書理解なので、聖書やキリスト教の教義の解釈には立ち入りません。

と言いますか、私はキリスト教徒ではありませんし、学校や教会などでキリスト教を専門に学んだこともないので、とても深く立ち入れません。

教義について、いろいろな解釈を議論、吟味するのは、それはそれで有意義で興味深いことではありますが、それはわたしの手に余ることでありますし、美術鑑賞にとっては必ずしも必要ではないので、ここでは立ち入らないことにします。

ちなみに、わたしのキリスト教との出会いというか受容というようなものについて、少しお話しておきます。

若い頃、周囲にキリスト教徒の友人・知人がたくさんいたことがあって、当時、彼ら・彼女たちに誘われて、日曜日によく教会に行っていました。2年間ほどの期間です。

その時期、ある教会の牧師先生と親しくなって、その牧師先生の自宅に呼ばれていっしょに食事したり、いっしょに出かけたこともありました。

そんな限られたわたしのキリスト教経験ですが、キリスト教や信者の考え方や生活の一旦をちょっと知ることができました。それはいま美術を鑑賞するうえでも役立っていると感じています。

神と人間との「契約」
話を戻しまして、「こんなことを知っていたら、美術鑑賞がもっと楽しめますよ」というごく初歩的な内容を、今回からシリーズでお伝えできればと思っております。

聖書にはご存じのとおり、「旧約聖書」と「新約聖書」があります。私は最初、旧「訳」、新「訳」かと思ってました。何か古い教典があって、それを何かの言語に訳した、その順番なのかと、何となく考えていたのです。(そう考えていた人、案外多いのではないでしょうか?!)

正しくは、「約」は「契約」の意味で、神と人との関係を「契約」として捉えています。これは古代イスラエルの思想です。

そして「旧約」とは、イエス出現以前に神と人とが交わした契約であり、「新約」はイエス出現後に神と人とが交わした契約になります。

神と人との関係を「契約」として捉える、ここが日本とは随分違いますね。日本には「八百万(やおよろず)の神」と言われるように、たくさんの神様がいらっしゃいますが、そうした神様と人との関係を「契約」とは考えていない人がほとんどでしょうね。

これは民族の歴史や文化の話ですから、別にどっちが優れているとかそういう話でないです。

「言葉」と「わざ」で万物を創造
まずは「旧約聖書」から見ていきましょう。旧約聖書は、キリスト教徒以外にも馴染みがあって、興味深いエピソードがたくさんあるので、ファンタジー小説を読んでいるようで面白いです。    

旧約聖書はユダヤ教の教典です。ヘブライ語で書かれいて(一部アラム語)、紀元前2世紀頃にイスラエルの学者によってまとめられました。

今回は旧約聖書の冒頭、「天地創造」についてです。有名ですよね、神様が1週間、というか6日間で世界を作られた、という話。神は「言葉」と「わざ」によって、「万物」を「創造」したのだといいます。

興味深いですね! 個人的には、カギ括弧でくくった4つの言葉を吟味したいところですが、それはまた別の機会にしましょう!

世界の原初の状態は「混沌」と「闇」でした。聖書の言葉を見てみましょう。
「地は形がなく、何もなかった」
「闇が大いなる水の上にあった」
そこで、神が
「光よ、あれ」
と言うと、光ができて、光と闇が分かれました。
神は光を昼と名付け、闇を夜と名付けました。これが第1日目です。

2日目、神は
「大空よ、水の間にあれ」
と言いました。すると、大空が作られ、その大空を「天」と名付けました。そして、水が大空の下と上に分けられました。大空の上と下に分けられたとはどういうことでしょう? わたしにはよく分かりません。とにかくこれが2日目です。

3日目、神は
「天の下の水は一所(ひとところ)に集まれ」
と言いました。それから、
「乾いたところが現れよ」
とも言いました。
こうして海と大地ができあがりました。
それから、神は大地に植物を芽生えさせました。

4日目、神は「光るものは、天の大空にあって、昼と夜とを区別せよ」と仰せられ、ふたつの光るものを作りました。大きい方の光るものに昼をつかさどらせ、小さい方に夜をつかさどらせました。太陽と月ですね。それから、星をつくって、天の大空に置きました。

5日目、神は海に魚を、大地に鳥を作りました。

6日目、地上の獣、家畜、すべての生物を作り、最後に神自身の姿に似せて、人間を作りました。そして、人間にすべてのものを支配させました。

こうして神は創造した天地万物に満足し、7日目は休息の日としました。さらに、7日目を祝福して、聖なる日としたのです。これが1週間(7日間)の起源となります。

人間にすべてのものを支配させたのは興味深いですね。「人間中心主義」です。歴史上、キリスト教徒たちが自然を征服していくのは、こうした教義が根本にあるからかな??とは想像します。

同時に、神が人間に万物を支配させたのは、大自然に対する人間の責務を表明しているのだという考え方もあります。

神が創造したもの
1日目 光と闇 昼と夜
2日目 大空と水 
3日目 地上と海 植物
4日目 太陽と月と星
5日目 魚と鳥
6日目 地上の生き物と人間
7日目 天地万物が完成して満足し、休息をとった。聖なる日とした

天地創造の美術作品
2点紹介しておきましょう。まずは、ヤン・ブリューゲル(子)が描いた作品。太陽、月、大地、植物が神によって創造されています。
ヤン・ブリューゲル子 天地創造

これは、ミケランジェロが描いたシスティーナ礼拝堂の天井絵の一部。光と闇の分離。1日目の出来事ですね。
システィーナ礼拝堂 ミケランジェロ 光と闇

次回は「アダムとエバ」を解説します。

※間違いなどがありましたら、ご指摘いただければ幸いです。



Posted on 2020-02-24 | Category : アートに誘われて, コラム | | Comments Closed

初心者はどの電子ピアノを買ったらいい??

いまは4万円台でコスパ最高級モデル
友人から「電子ピアノを買いたいのですが、取り敢えず練習用で何かお薦めありますか?」と聞かれました。

その友人はギターを弾いています。バンドも組んでいて、ロックやJ-POPを演奏しています。

最近、鍵盤楽器に興味を持っていて、とりあえず、ロール鍵盤を興味本位で買いました。

もちろん、それで満足はできず、電子ピアノを買いたいと、わたしに相談してきたという訳です。(わたしは、ギターとキーボードを弾いています)

「いいですね~!! 昔と違って、いまは安くていいのありますよー」とまず言いました。(友人は60代後半です!)

その友人へのアドバイスも踏まえて、初心者が初めて買う電子ピアノはどれがいいか、私なりの考えを書いてみます。

予算ですが、4万円程度がいいと思います。この価格帯は、音色、鍵盤タッチなどコスパいいです。3万円以下だと、鍵盤タッチが安っぽくなります。でもそれでも演奏するには十分です。

サウンドハウスの電子ピアノ販売画面はこんな感じ。↓↓↓

denshi piano

これなんて↓↓↓、音色も鍵盤タッチも、値段からいったら、いいはずです。(レビューにも同じようなこと書いてあります)。わたしは弾いたことないけれど、コルグの4万円モデルは、大体想像つきます。

korg d1

選ぶ基準は、音色と鍵盤タッチ以外に、足(スタンド)がついていないタイプか、足と一体型か??ということですね。

リハーサルスタジオやライブに持って行く可能性があるなら、足がついていないタイプ一択になります。

一方、スタンドと一体型だとこんな感じ。↓↓↓ まあ、わたしが白が好きなので、自分の好みです。

korg white

それと、大事なのはスタンド。別売りのでもいいけれど、場所とるし、持ち運びを考えるならこういうタイプがいいです。↓↓↓(わたしもこのタイプを使っています)

stand

4万円台あるいはそれ以下のブランドは、ヤマハ、ローランド、コルグ、カシオになります。音色は同じ価格帯でも各ブランドで特徴あります。これは、好みですね。わたしだったらとりあえずYoutubeのデモ演奏を見て買っちゃいますね。Youtubeのデモは、メーカーのオフィシャル動画のほか、世界中のユーザーがアップしています。買う前に一度、見てみるといいと思います。

実際に音色や弾いた感じを確かめたいというときは、店頭で弾いてみるのがいいですね。

ちなみに、わたしが普段使っている電子ピアノはYAMAHA NP-30というモデル。すでに販売終了です。中古で売られているのかな??と思って、ググったら、メルカリで2万5000円で売られていました。

鍵盤タッチは上位機種に比べればスカスカ感ありますが、練習もリハもこれでやってます。十分です。

まとめ
1.選ぶポイントは「音色」「鍵盤タッチ」「スタンド一体型か?」「色」。
2. 音色はブランドごとに特徴があります。Youtubeのデモ動画でもある程度分かりますが、自分の耳で確かめたいなら楽器店にいきましょう。
3. リハやライブで使うなら持ち運べないといけないので、「スタンド一体型」はNG。
4. ブランドは、ヤマハ、ローランド、コルグ、カシオから選ぶといいでしょう。
5. 4万円台でコスパいいモデルがあります!
6. 電子ピアノ本体以外に、スタンドやアンプが必要になる場合があります。

皆様の楽しい音楽ライフを祈っております!

※画像はすべてサウンドハウスの販売サイト画面です。
※令和2年(2020年)2月23日執筆時点の情報です。



Posted on 2020-02-23 | Category : コラム, 音楽のこころ | | Comments Closed

東京藝術大学 芸術×科学技術 COI拠点で「感動」創出 教育家庭新聞2017年4月発行号

039東京藝術大学

AIピアノとベルリンフィルの競演
「教育家庭新聞」(発行=教育家庭新聞社)2017年4月発行号に私が執筆した記事です。
大学の最新ICT活用を紹介する連載「ICTキャンパス」の39回目です。
東京藝術大学 社会連携センター COI研究推進機構に取材しました。

教育家庭新聞社サイト https://www.kknews.co.jp/
「教育家庭新聞」の購読申込みや、教育関連のニュースがご覧になれます。

※上記の組織、役職名は取材当時のものです。




Posted on 2019-11-12 | Category : コラム, 大学ICT | | Comments Closed

近畿大学 広島大学 AWSクラウドサービス活用でコスト削減やシステム拡張 教育家庭新聞2017年6月発行号

041近畿大学 広島大学

オンプレミスが適切が疑問だった
「教育家庭新聞」(発行=教育家庭新聞社)2017年6月発行号に私が執筆した記事です。
大学の最新ICT活用を紹介する連載「ICTキャンパス」の41回目です。

教育家庭新聞社サイト https://www.kknews.co.jp/
「教育家庭新聞」の購読申込みや、教育関連のニュースがご覧になれます。




Posted on 2019-11-11 | Category : コラム, 大学ICT | | Comments Closed

静岡大学 授業動画の制作コスト劇的削減 教育家庭新聞2017年10月発行号

045静岡大学

授業終了と同時に授業動画が完成
「教育家庭新聞」(発行=教育家庭新聞社)2017年10月発行号に私が執筆した記事です。
大学の最新ICT活用を紹介する連載「ICTキャンパス」の45回目です。
静岡大学 情報基盤センター 井上春樹教授に取材しました。

教育家庭新聞社サイト https://www.kknews.co.jp/
「教育家庭新聞」の購読申込みや、教育関連のニュースがご覧になれます。

※上記の役職名は取材当時のものです。




Posted on 2019-11-11 | Category : コラム, 大学ICT | | Comments Closed

大阪工業大学 梅田に新キャンパス 「デザイン思考」を育成 教育家庭新聞2017年5月発行号

040大阪工業大学

技術+利活用デザイン ものづくりに必須
「教育家庭新聞」(発行=教育家庭新聞社)2017年5月発行号に私が執筆した記事です。
大学の最新ICT活用を紹介する連載「ICTキャンパス」の40回目です。

教育家庭新聞社サイト https://www.kknews.co.jp/
「教育家庭新聞」の購読申込みや、教育関連のニュースがご覧になれます。




Posted on 2019-11-09 | Category : コラム, 大学ICT | | Comments Closed

金沢大学 バーチャルミュージアムで大学の非文献資料を公開 教育家庭新聞2018年6月発行号

053金沢工業大学

物理実験機器など約3800点
「教育家庭新聞」(発行=教育家庭新聞社)2018年6月発行号に私が執筆した記事です。
大学の最新ICT活用を紹介する連載「ICTキャンパス」の53回目です。
金沢大学 人間社会研究域 古畑徹教授に取材しました。

教育家庭新聞社サイト https://www.kknews.co.jp/
「教育家庭新聞」の購読申込みや、教育関連のニュースがご覧になれます。

※上記の役職名は取材当時のものです。




Posted on 2019-11-08 | Category : コラム, 大学ICT | | Comments Closed

京都外国語大学 IRシステム独自構築 マネジメント効率化 教育家庭新聞2018年5月発行号

052京都外国語大学

学内の散在データを一元的にDB化
「教育家庭新聞」(発行=教育家庭新聞社)2018年5月発行号に私が執筆した記事です。
大学の最新ICT活用を紹介する連載「ICTキャンパス」の52回目です。
京都外国語大学 総合企画室IR推進グループ 西出崇講師に取材しました。

教育家庭新聞社サイト https://www.kknews.co.jp/
「教育家庭新聞」の購読申込みや、教育関連のニュースがご覧になれます。

※上記の役職名は取材当時のものです。




Posted on 2019-11-07 | Category : コラム, 大学ICT | | Comments Closed

東京国際工科専門職大学 「知識」「実践」双方備えた「統合人材」育成 教育家庭新聞2019年11月発行号

069東京国際工科専門職大学

600時間超える企業内実習が必修
「教育家庭新聞」(発行=教育家庭新聞社)2019年11月発行号に私が執筆した記事です。
大学の最新ICT活用を紹介する連載「ICTキャンパス」の69回目です。

教育家庭新聞社サイト https://www.kknews.co.jp/
「教育家庭新聞」の購読申込みや、教育関連のニュースがご覧になれます。




Posted on 2019-11-06 | Category : コラム, 大学ICT | | Comments Closed

広島大学 情報化推進で著作権処理 教育家庭新聞2018年10月発行号

057広島大学

図表処理などの著作権処理を支援
「教育家庭新聞」(発行=教育家庭新聞社)2018年10月発行号に私が執筆した記事です。
大学の最新ICT活用を紹介する連載「ICTキャンパス」の57回目です。
広島大学 情報メディア教育研究センター 隅谷孝洋氏に取材しました。

教育家庭新聞社サイト https://www.kknews.co.jp/
「教育家庭新聞」の購読申込みや、教育関連のニュースがご覧になれます。

※上記の役職名は取材当時のものです。




Posted on 2019-11-05 | Category : コラム, 大学ICT | | Comments Closed