Home > コラム, 和歌とともに > 【春の和歌】見る人も なき山里の 桜花 伊勢

【春の和歌】見る人も なき山里の 桜花 伊勢


亭子院歌合の時よめる

見る人も なき山里の 桜花
ほかの散りなむ 後(のち)ぞ咲かまし

伊勢

「古今集」春に収められている、伊勢の歌です。

歌意は、読んでそのまま。

見る人もない山里の桜花
ほかの桜が散った後で咲いたらよかろうに

こんな感じでしょう。

最後の「まし」は、~なら良かっただろう、というニュアンスでとったらよいと思います。

亭子院歌合(ていじいんうたあわせ)
詞書にある「亭子院歌合(ていじいんうたあわせ)」とは、延喜十三年(913年)、宇多法皇が自分の御所としていた亭子院で開いた歌合(うたあわせ)です。

歌合とは、歌人を左右二組に分け、詠んだ歌を比べて優劣を争う遊びです。

審判役を判者(はんざ)、判定の詞(ことば)を判詞(はんし)といいます。

左右両組とも、自陣の詠んだ歌がいかに素晴らしいかを主張します。いまでいうディベートのようなものです。

判者は、左右の意見を聞いて、どちらかに軍配を上げます。

情熱の女・伊勢
作者の伊勢は、はじめ宇多天皇の中宮温子に女房として仕えました。

その後、藤原仲平・時平兄弟や平貞文と交際。宇多天皇の寵愛を受けその皇子を生みますが、皇子は早世してしまいます。

宇多天皇の皇子敦慶親王と結婚して中務(なかつかさ 女性。この人も歌人)を生みます。

宇多天皇の没後、摂津国に庵を結んで隠棲しました。

情熱的な恋歌で知られます。

「古今和歌集」には22首が入集。勅撰和歌集には合計176首が入集しています。




Posted on 2021-01-06 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed
関連記事