夏の歌 「夏と秋と 行きかふ空の」 古今和歌集 凡河内窮恒(おおしこうちのみつね)

[訳:蓬田修一]

六月(みなつき)のつごもりの日よめる

夏と秋と 行きかふ空の かよひじは
かたへすずしき 風や吹くやむ


古今和歌集  みつね

[現代語訳]

六月の最後の日に詠んだ歌

夏と秋とが すれ違う空の 道は
片方に涼しい 風が吹いているだろう 

古今和歌集  凡河内窮恒(おおしこうちのみつね)

[ひとこと解説]

平安時代、六月は夏の最後の月だった。その月の最後の日に詠んだ歌だ。
明日からは秋になる、そのちょうど境目の日、窮恒は空には通り道があって、暑い夏が通り過ぎていって、もう一方からは涼しい秋がやって来ていると考えた。

空に季節の通る道があるというイマジネーションは素敵だと思う。

京都特有の暑さに音を上げている貴族たちは、秋の到来をいかに待ち望んでいたかが分かるような歌だ。




Posted on 2015-03-04 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

夏の歌 「塵(ちり)をだに すゑじとぞ思ふ」 古今和歌集 凡河内窮恒(おおしこうちのみつね)

隣(となり)より、常夏(とこなつ)の花をこひにおこせたりければ、惜しみてこの歌をよみてつかはしける

塵(ちり)をだに すゑじとぞ思ふ 咲きしより
妹(いも)とわが寝る とこなつの花


古今和歌集  みつね

[現代語訳]

隣の家から、常夏(とこなつ)の花を分けてくれないかとの言づてがきたとき、(花をあげるのが)惜しくて、この歌を詠んで贈った歌

(常夏(とこなつ)の花は)塵(ちり)ひとつさえ 積もらせないようにと思っている花です 咲いたときから
愛する妻といっしょに寝る床(とこ)にちなんだ 常夏(とこなつ)の花ですから

古今和歌集  凡河内窮恒(おおしこうちのみつね)

[ひとこと解説]

詞書にある「常夏(とこなつ)の花」は、なでしこの別名。「おこせたり」は、言づてを寄こすの意味。

古今和歌集にある他の歌に比べると、一風変わった趣がある。

歌の内容は、隣の家から庭に咲いている常夏の花(=なでしこ)が欲しいので分けてくれと言ってきた。

窮恒(みつね)も常夏の花が大好きである。どれくらい好きかというと、花の上には塵ひとつ積もらせないように思っているくらい好きだ。

しかも、妻といっしょに寝る寝床の「床(とこ)」と、常夏の花の「常(とこ)」は音が通じている。その床の上に塵ひとつ積もらせないようにしている。それくらい常夏の花が好きなのだ。

内容はこのような感じだ。

なぜ床の上に塵ひとつ積もらせないことが、常夏の花を大事にしていることに通じるのか。床の上に塵がないということは、いつも妻といっしょに寝ているということ。

通い婚が一般的であった平安の時代、夫婦の気持ちが疎遠になったら、いっしょに寝ることは少なくなる。そうすると床の上にも塵がたまる。私たち夫婦はそうではなくて、塵ひとつ積もっていないのですよ、と言っているのだろう。

この歌には二通りの解釈があるようだ。ひとつは、窮恒はこの歌を添えて、庭の常夏の花を隣の人に贈ってあげたというもの。「こんなに大事にしている花なのですから、あなたも大事にしてくだい」という意味を込めて花を贈った。

もうひとつの解釈は、隣の家の花が欲しいという要望を断りたいとので、そのときに贈った歌だというもの。

どちらかは学問上も分かっていないようだが、隣の家に贈った花に添えた歌と解釈したほうが、窮恒の人となりを想像する上では楽しい。
(TEXT:M&C 蓬田修一)




Posted on 2015-03-04 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

夏の歌 「夏の夜の 臥(ふ)すかとすれば」 古今和歌集 紀貫之(きのつらゆき)


夏の夜の 臥(ふ)すかとすれば ほととぎす
鳴くひとこゑに 明くるしののめ


古今和歌集  紀貫之(きのつらゆき)

[現代語訳]

夏の夜 ちょっと横になってまどろんだかと思うと ホトトギスが
鳴くひと声で 夜が明ける

古今和歌集  紀貫之

[ひとこと解説]

夏の短い夜を詠っています。

空がホトトギスの声によって目覚める、と空を擬人化しているようにも解釈できそうです。
(TEXT:M&C 蓬田修一)




Posted on 2015-03-03 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

夏の歌 「五月(さつき)まつ 花橘(はなたちばな)の」 古今和歌集 読人しらず


五月(さつき)まつ 花橘(はなたちばな)の 香(か)をかげば
昔の人の 袖(そで)の香(か)ぞする


古今和歌集  読人しらず

[現代語訳]

五月を待って咲く橘の花 その香りに接すると
昔親しかった女性が 服焚き付けていた香りを思い出す

古今和歌集  読人しらず

[ひとこと解説]

「五月(さつき)まつ」は五月を待って咲く、ということ。「花橘(はなたちばな)」は橘の花を愛でる気持ちを込めていうときの言葉。「昔の人」は、ここでは作者が昔親しくしていた女性のこと。

街中などで、漂って来た香りに突然、昔のある場面を思い出すという経験は、誰でも何回かはあると思います。

この歌の作者は、漂っている来る橘の香りに接して突然、昔深い関係があった女性のことを思い出したと詠っています。

平安時代の貴族の女性たちは、服に各人の香りを焚きしめていました。香りは個性でした。

伊勢物語の第六十段はこの歌を材料にして、味わいのある物語に仕上げています。この六十段の物語は読む人によって解釈がいろいろと分かれて面白い。それについては、またの機会に書いてみたいです。
(TEXT:M&C 蓬田修一)




Posted on 2015-03-03 | Category : コラム, 和歌とともに | | No Comments »

夏の歌 「わがやどの 池の藤波(ふじなみ)」 古今和歌集 読人しらず


わがやどの 池の藤波(ふじなみ) 咲きにけり
山郭公(やまほととぎす) いつか来(き)鳴かむ


古今和歌集  読人しらず

この歌ある人のいはく、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)が歌なり

[現代語訳]
わが邸宅の 池に浮かぶ小島の藤の花がたわわに咲いた
山からいつもやってくるホトトギス いつ藤の花に止まって鳴いてくれるだろう

古今和歌集  読人しらず

この歌は、ある人が言うには、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の作である

「歌聖」に敬意をはらって「古今和歌集」に収録
「やど」は庭のこと。屋外(やど)という漢字で表されることもあります。

平安時代の貴族の邸宅では大きな池を作り、その中に小島を築いて、そこに藤を植えていました。

「藤波」とは、垂れ下がった花房が垂れ下がり、波のように風に揺られている様子であり、同時に小島にたくさん咲いた藤の花が、寄せて返す波のように揺れている光景を言っているのではないでしょうか。

「波」は「池」にちなんだ縁語。そうではないという見方もありますが、縁語とみたほうが風情があるので、ここでは縁語としておきます。

「山郭公(やまほととぎす)」は、山のほうからやって来るホトトギス。

註に、この歌は柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の作と伝わっているとあります。柿本人麻呂は上代の歌人ですが、古今和歌集が編まれた時代、すでに「歌の聖(ひじり)」というような評価がされていたのでしょう。

この歌は「夏の部」の巻頭にありますが、編者は歌の聖の作という言い伝えに敬意を払って、巻頭に置いたとも考えられます。

ホトトギスは渡り鳥で、山から来るのではありませんが、当時の貴族たちは、藤の花を慕って山から降りて来ると、擬人化して捉えていました。

こうした考え方から、貴族たちは藤の花を見るとホトトギスを連想するようになりました。
(TEXT:M&C 蓬田修一)




Posted on 2015-03-02 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

春の歌 「濡(ぬ)れつつぞ しひて折りつる」 古今和歌集 在原業平

[訳:蓬田修一]

弥生(やよひ)のつごもりの日、雨のふりけるに、藤の花を折りて人につかはしける

濡(ぬ)れつつぞ しひて折りつる 年のうちに
春はいくかも あらじと思へば


古今和歌集  業平朝臣(なりひらのあそん)

[現代語訳]

三月の最後の日、雨が降っているなか、藤の花を折って人に贈るのに添えた歌

雨に濡れながらも 折った花です 今年のうちに
春はあと何日も あるとは思えなかったので

古今和歌集  在原業平(ありわらのなりひら)

[ひとこと解説]

詞書に「三月の終わりの日」と言っているのに、歌では「春がもう何日もないので」と歌っているので食い違いがあるが、特に問題にすることはないと思う。春が間もなく終わってしまう、という気持ちを表現するために歌ったのだから。

業平の歌は自分の気持ちを率直に表現しているのが魅力だと思う。この歌でも、わざわざ雨に濡れながら、あなたのために藤の花を折ったのですよ、とはっきりと言っています。でもそれが嫌みには感じられません。

業平の人となりがとてもよく伺われる歌だと思います。




Posted on 2015-03-01 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

春の歌 「おもふどち 春の山べに」 古今和歌集 読人しらず

[訳:蓬田修一]

おもふどち 春の山べに うちむれて
そこともいはぬ 旅寝(たびね)してしが


古今和歌集  そせい

[現代語訳]

仲の良い友人同士 春の山辺に 連れだって
どこということもなしに 旅寝をしたいものです

古今和歌集  素性法師(そせいほうし)

[ひとこと解説]

「おもふどち」は、仲の良い友人同士。「そこともいはぬ」は、どこということもなく。「旅寝(たびね)」は旅に出て寝ることだが、遠くへ旅立つだけでなく、ごく近所に行って自宅以外で寝ることも旅寝と言った。「しが」は、願望を表す助詞。

仲の良い友人同士で、春の山辺に連れだって行って、場所も特に決めずに行った先で、楽しくひと晩を明かしたいものだ、という内容で、特に深い意味は込められていない。

内容は深くはないが、素直な情緒が込められていて、当時の貴族の雰囲気がしのばれる。私たち現代人にとっても、十分に共感できる内容ではないだろうか。

こうした、特に風情があるわけでも、技巧が凝らしてあるわけでもない歌が古今和歌集に採られているということが、とても興味深い。選者を含めて当時の貴族たちにとって、友人たちと連れだって自宅を離れ、ひと晩楽しく過ごすということは大きな楽しみであったのだろう。素直に好感が持てる歌だ。




Posted on 2015-03-01 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

春の歌 「春雨(はるさめ)に にほへる色も」 古今和歌集 読人しらず

[訳:蓬田修一]

春雨(はるさめ)に にほへる色も あかなくに
香(か)さへなつかし 山吹の花


古今和歌集  読人しらず

[現代語訳]

春雨に打たれ 鮮やかに照り映える色だけでも 見飽きないが
香りも惹き付けられるほど魅力的な 山吹の花

古今和歌集  読人しらず

[ひとこと解説]

「にほふ」は、色が鮮やかに照り映えるという意味。「あかなくに」は、飽きることがないのに、の意味。「なつかし」は、動詞「なつく」が形容詞化したもので、そのものに自然となつきたくなるようなニュアンスのことば。

春雨に打たれた山吹の花の美しさを詠った歌。貫之らの歌に比べれば、技巧的な表現はなく、とても素朴な歌だ。その素朴さが山吹の美しさを一段と強めていると思う。

注意したいのは、山吹の花の香りはそれほど強くないこと。かすかな香りにも敏感に反応する平安時代の人たちの美意識が伺われる。




Posted on 2015-02-27 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

春の歌 「やどりして 春の山べに寝(ね)たる夜(よ)は」 古今和歌集 紀貫之

[訳:蓬田修一]

山寺にまうでたりけるによめる  

やどりして 春の山べに寝(ね)たる夜(よ)は
夢のうちにも 花ぞ散りける


古今和歌集  つらゆき

[現代語訳]

山寺にお参りしたときに詠んだ歌  
 
宿をとって 春の山辺で寝た夜のこと
夢の中でも 桜の花が散っていたのです

古今和歌集  紀貫之

[ひとこと解説]

花が散るというモチーフは、当時でも多くの歌人によって、それぞれの個性で表現されてきた。
その中で当時の代表歌人である貫之は夢の中で花を散らせた。

夢の中で豪華に桜の花が散っていくという描写はとても幻想的である。
「おれはほかの人とは違う歌を詠ってみせる」という貫之の歌人魂が感じられる。




Posted on 2015-02-26 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed

春の歌 「梓弓(あづさゆみ) 春の山べを」 古今和歌集 紀貫之

[訳:蓬田修一]

志賀の山越えに女のおほくあへりけるによみてつかわしける  

梓弓(あづさゆみ) 春の山べを越えくれば
道もさりあへず 花ぞ散りける


古今和歌集  つらゆき

[現代語訳]

志賀の山を越えていたとき、大勢の女性たちに会ったときに詠んで贈った歌  
 
春の山道を越えてきたら
道を避けて通ることができないほど 桜の花が散っていたのです

古今和歌集  紀貫之

[ひとこと解説]

「梓弓(あづさゆみ)」は「春」にかかる枕詞。
「さりあへず」の「さる」はさけるという意味で、「あへず」はできないということ。
道を避けることができないほど、花が散っているという様子、つまり、道いっぱいに豪華に花が散っているという情景を詠っている。

この歌にはもうひとつの意味があって、花を出会った女たちに見立てて詠っていることだ。
道いっぱいに出会ったあなたたち女性が散っていました、という意味だ。

貫之は志賀寺を訪れるために、志賀の山を越えていた。そのとき、向こうからやって来る女性たちと偶然と出会った。

貫之は、道に敷き詰められている桜の花のように、あなたがた美しい女性たちがたくさんいて道を通ることもできません、と即興で詠んで贈った。
晴れやかで、機知に富んで、女性をおだてて、とても気分の良い歌だと思う。

もっとも、当時の山道は幅が細く、すれ違えるような道幅ではなかったため、女性たちが向こうから来たので通ることができない、と困惑している気持ちを詠ったとも取れる。

でもそれだと歌の面白みとしては欠ける。貫之はそんな野暮な男ではなかった。やはり、女性たちを美しい花にたとえた歌として鑑賞したい。




Posted on 2015-02-25 | Category : コラム, 和歌とともに | | Comments Closed