第2回「文章教室」開催 読まれるかどうかを決める「冒頭の書き方」を説明

文章教室の様子。奥に座っているのが講師の蓬田です。

アットホームな雰囲気の中で開催
2016年12月24日土曜日、東京・大田区のきまぐれ八百屋だんだんにおいて、私(蓬田)が講師となり第2回目の「文章教室」を開催しました。

きまぐれ八百屋だんだんとは、有機野菜などを販売するかたわら、店内のコミュニティスペースで、教育、語学、美術などをテーマにした講座を開催しています。広い場所ではありませんが、参加者同士の会話が自然と生まれる、家庭的な雰囲気の場所です。

当日は男女合わせて、大学院修士課程1年の人からシニアの方まで7名が参加しました。前回から連続で参加された方は4名でした。

参加した動機は「地域のミニコミ誌に記事を書いているが、もっと文章のクオリティを上げたい」「子どもや孫にメールを出すと、いつも文章がおかしいと指摘される」「教育の問題に携わっている中で、正確に伝える文章の大切さを実感した」といった人が多い一方、大学院生は「エントリーシートを作成するときに役立てたい」と言っていました。

文章の「書き出し」を独自にパターン化して解説
講座は終始アットホームな雰囲気の中、行われました。前半は、文章の「書き出し」について、私から説明しました。執筆において大切なことのひとつに「冒頭の書き出し」があります。読者は気まぐれです。有名人の文章ならば別でしょうですが、無名人が書いた文章は誰も読まない、とまず認識するのが大切だと私は考えています。

では、文章を読んでもらうにはどうするか? それには書き出しで引き付けるのがオーソドックスなテクニックのひとつです。そういう訳で、今回、書き出しをテーマに講義しました。書き出しを内容やスタイルによって独自に7つにパターン化し、それぞれの特徴について説明しました。参加者からは「自分が書くときの参考になった」と好評でした。

ワークショップ「美術ディスクリプション」
後半は、ワークショップを中心に進めました。今回は前回に引き続き「美術ディスクリプション」を行いました。これは、絵画作品を見てもらい、どのような情景が描かれているのか、文章で説明するというものです。美術館の学芸員は必須の技術であり、大学の美術関係の講義でも行うことがあります。ディスクリプションは美術関係者だけではなく、文章のトレーニングにも最適です。当日、前回も参加した人に「今回もやりたいですか?」と聞いたところ「やってみたい」ということでしたので、実施することにしました。

ディスクリプションの対象とした絵画作品は、モネの「舟遊び」です。初めての方は、どう書いていいかとまどっているようでしたが、ほどなく鉛筆を動かし始めました。15分ほど書いてから、自分の書いた文章を発表してもらいました。他人の書いた文章を聞くというのは、とても刺激になり、インスピレーションが湧くものです。ディスクリプションは400字詰め原稿用紙に書いてもらいました。ひとりが発表するたびに、参加者全員で意見交換をし、私からは文章のクオリティを上げるコツを話しながら進めていくと、2時間はあっという間に過ぎました。

次回は1月28日午後2時から4時まで、今回と同じくきまぐれ八百屋だんだんで開催します。次回も、文章をうまく書く「コツ」とワークショップを中心に進める予定です。次回も、参加者により楽しんでもらえるような内容を準備中です。参加ご希望の方はメール(こちらをクリック)またはお電話(090-4364-6107)でお願いします。
[text:蓬田修一][photo:近藤さん(きまぐれ八百屋だんだん)]

次回の寺子屋スタイル「文章教室」 参加受付中!
日時
 2017年(平成29年)1月28日(土) 午後2時から4時まで 途中入退室可
講師 蓬田(よもぎた)修一
場所 気まぐれ八百屋だんだん(東京・大田区 最寄り駅:東急池上線 蓮沼駅 徒歩3分)
料金 500円(当日お支払い)
お申し込み・お問い合わせ 090-4364-6107 メールはこちらをクリック




Posted on 2016-12-27 | Category : ギャラリー, ニュース&メッセージ, ワンランク上の文章へ | | Comments Closed

寺子屋スタイル「文章教室」(第2回)を開催します

2016年(平成28年)12月24日(土)、東京・大田区の気まぐれ八百屋だんだんで「文章教室」を開催します。

前回は8人の方が参加いただき、アットホームな雰囲気の中行いました。今回も、私からの一方的な「講義」ではなくて、参加者と私や参加者同士の「対話」、ワークショップ的な「体験」を重視した教室にしたいと思っています。寺子屋のようなイメージです。

料金はワンコイン(500円)です。もっとうまく文章が書けるようになりたいと思っている人、仕事や学校で文章を書く必要があるものの、なかなか思うように書けない人、どうぞご参加ください。

寺子屋スタイル「文章教室」
日時
 2016年(平成28年)12月24日(土) 午後2時から4時まで 途中入退室可
講師 蓬田修一
場所 気まぐれ八百屋だんだん
お申し込み・お問い合わせ 090-4364-6107 yomo@mc-mc.co.jp




Posted on 2016-12-08 | Category : ギャラリー, ニュース&メッセージ, ワンランク上の文章へ | | Comments Closed

集中力が高まる場所を知る

[text:蓬田修一]
 どういう環境で文章を執筆すると、自分は能率が上がるのかを知っておくことは、執筆スピードを速くするため、また執筆原稿量を増やすためにはとても重要です。

 私は仕事場や自宅の机では、集中力が発揮できず、ほとんど執筆できません。電車の中やカフェなどですと集中でき、執筆がはかどります。

 移動のために街を歩いているときや、ホームで電車を待っているときなどに文章の構成を考えて、電車に乗ったりカフェに入ると、ノートパソコンを開いて、さきほど考えた構成に沿って書き始めます。私にとっては、こうした執筆スタイルが、とても快適です。

 ただ、ちょっと困るのは、どこででも執筆できるように、常にノートパソコンと資料を持ち歩かないといけないので、手荷物が重くなることです。以前は手提げ式のバッグを使っていましたが、片方の肩や腕に重さがかかってしまって肩こりになってしまうので、最近はリュックにすべての荷物を入れて移動しています。

 友人の編集者・ライターは私とは逆で、電車の中などではまったく集中できず、仕事場の自分の机でないと執筆できないと言います。

 自分にとって、最も集中できる環境を知り、できるだけそうした環境に身を置くよう心掛けると、執筆の能率は格段に上がります。




Posted on 2016-11-29 | Category : コラム, ワンランク上の文章へ | | Comments Closed

第1回「文章教室」を開催しました。

[text:蓬田修一][photo:宮川由紀子]

アットホームな雰囲気の中で開催
2016年11月25日土曜日、東京・大田区のきまぐれ八百屋だんだんにおいて、私(蓬田)が講師となり第1回目の「文章教室」を開催しました。

きまぐれ八百屋だんだんとは、有機野菜などを販売するかたわら、店内のコミュニティスペースで、教育、語学、美術などをテーマにした講座を開催しています。広い場所ではありませんが、参加者同士の会話が自然と生まれる、家庭的な雰囲気の場所です。

当日は男女合わせて7名が参加。年齢は40代からシニアの方でした。参加した動機は「地域のミニコミ誌に記事を書いているが、もっと文章のクオリティを上げたい」「子どもや孫にメールを出すと、いつも文章がおかしいと指摘される」「教育の問題に携わっている中で、文章の大切さを実感した」など様々でしたが、終始アットホームな雰囲気の中、行われました。

ワークショップ「美術ディスクリプション」
講座はワークショップを中心に進めました。今回実施したのは「美術ディスクリプション」というワークショップです。絵画作品を見てもらい、どのような情景が描かれているのか、文章で説明するというものです。美術館の学芸員は必須の技術であり、大学の美術関係の講義でも行うことがあります。ディスクリプションは美術関係者だけではなく、文章のトレーニングにも最適ですので、今回実施することにしました。

ディスクリプションの対象とした絵画作品は、ルノアールの「ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル」。今年、東京・六本木の国立新美術館で開催された「ルノアール展」に出品されていた作品です。当日の講座では「ルノアール展」の図録にある「ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル」を見ながら、ディスクリプションしてもらいました。

始めのうちは参加者の皆さん、どう書いていいかとまどっているようでしたが、間もなくペンを動かし始めました。15分ほど書いてから、自分の書いた文章を発表してもらいました。

他人の書いた文章を聞くというのは、とても刺激になり、インスピレーションが湧くものです。ディスクリプションは400字詰め原稿用紙に書いてもらいました。下にある原稿用紙の写真は、そのときに書いてもらったものです。本人の掲載許可をいただいたものを掲載しました。

文章クオリティアップのコツを伝授
皆さん、最初は「うまく書けない」など言っていましたが、人生経験が豊富なこともあるのでしょう、どの方の文章もとても素晴らしいものでした。厳密なディスクリプションは説明のみを書くもので、感じたことは書かないルールなのですが、今回のような参加者の場合は、自分の気持ちも書いていいとしたほうが筆が進むと考え、そのようにしました。

ひとりがディスクリプションを発表するたびに、参加者全員で意見交換をし、私からは文章のクオリティを上げるコツを話しながら進めていくと、2時間はあっという間に過ぎました。

次回は12月24日午後2時から4時まで、今回と同じくきまぐれ八百屋だんだんで開催します。次回もワークショップを中心に進める予定です。ワークショップの内容は現在、参加者により楽しんでもらえるような内容を準備中です。参加ご希望の方はメール(こちらをクリック)またはお電話(090-4364-6107)でお願いします。

次回の寺子屋スタイル「文章教室」 参加受付中!
日時
 2016年(平成28年)12月24日(土) 午後2時から4時まで 途中入退室可
講師 蓬田(よもぎた)修一
場所 気まぐれ八百屋だんだん(東京・大田区 最寄り駅:東急池上線 蓮沼駅 徒歩3分)
料金 500円(当日お支払い)
お申し込み・お問い合わせ 090-4364-6107 メールはこちらをクリック




Posted on 2016-11-28 | Category : ギャラリー, ニュース&メッセージ, ワンランク上の文章へ | | Comments Closed

寺子屋スタイル「文章教室」を開催します

2016年(平成28年)11月26日(土)、東京・大田区の気まぐれ八百屋だんだんで「文章教室」を開催します。

私からの一方的な「講義」ではなくて、参加者と私や参加者同士の「対話」、ワークショップ的な「体験」を重視した教室にしたいと思っています。寺子屋のようなイメージです。

料金はワンコイン(500円)です。

もっとうまく文章が書けるようになりたいと思っている人、仕事や学校で文章を書く必要があるものの、なかなか思うように書けない人、どうぞご参加ください。

寺子屋スタイル「文章教室」
日時
 2016年(平成28年)11月26日(土) 午後2時から4時まで 途中入退室可
講師 蓬田修一
場所 気まぐれ八百屋だんだん
お申し込み・お問い合わせ 090-4364-6107 yomo@mc-mc.co.jp




Posted on 2016-11-08 | Category : ギャラリー, ニュース&メッセージ, ワンランク上の文章へ | | Comments Closed

辞書機能を活用する

執筆するときは、ATOKなどの辞書機能をフル活用すると、執筆の速度が上がります。普段よく使う単語やフレーズは辞書に登録しておき、簡単なタイピングで変換できるにしておきます。こうするだけで、執筆の能率は格段に上がり、何度もキーを打つ面倒からも開放されるので、気分的にも快適に執筆できるようになります。

特にタイピングが面倒なカタカナ表記などは、辞書登録しておかないと、いちいちフルに打たなければなりません。打違うとひとつの単語を打つのも時間がかかるので、気持ちがいらついてきて、執筆の能率が下がります。




Posted on 2016-10-03 | Category : ワンランク上の文章へ | | Comments Closed

原稿フォーマットを作っておく

原稿のフォーマットを作っておくのは、能率的な執筆に効果的です。まっさらな何もない状態から執筆するのはなかなか大変です。1行の文字数と原稿の要素(タイトルなど)を打ち込んだフォーマットを利用するだけで、執筆のスピードがアップします。

まず1行の文字数を決めます。普段よく使うブログなどで、1行の文字数が決まっていれば、それにします。特にそういったものがなければ、自分で心地良く執筆できる1行の文字数に設定します。1行の文字数は長すぎても短すぎても書きにくいです。このあたりについては、別のエントリーで説明します。

例えば、こんか感じです。一般的な記事を書くとき、私が使っているフォーマットの要素です。

(タイトル)

(小見出し)

(本文)

(写真キャプション)

このように各要素を適当な間隔(行数)をあけてあらかじめ配置しておきます。こうした原稿フォーマットを作っておいて、執筆するときはこのフォーマットを利用するようにするだけで、筆の進みが速くなります。

本文を先に書き始めても構いませんし、タイトルが思い付いたら、とりあえず仮のものでかまわないので書いておきます。執筆を進めていくと、より適切なタイトルを思い付くことも多いので、適宜タイトルの文言を修正していきます。




Posted on 2016-10-03 | Category : ワンランク上の文章へ | | Comments Closed

1行13文字の原稿用紙

[text:蓬田修一]

世の中がデジタル化されない前、原稿は手書きでした。

雑誌や新聞は1行の文字数が決まっています。出版社には、媒体ごとに原稿用紙がありました。

私がかつて勤めていた出版社では1行11文字の新聞を発行していましたが、原稿用紙も1行11文字のものでした。

このような原稿用紙での執筆は、大変に書きやすいものです。

今はパソコンでの執筆に変わりましたが、掲載する媒体と同じ1行の文字数に書式を設定して執筆しています。


Posted on 2015-01-19 | Category : コラム, ワンランク上の文章へ | | Comments Closed

執筆中のBGM② インスト曲


[text:蓬田修一]

クラシック、ジャズはNG
執筆中にどんな音楽を聞いたら、原稿が進むのか? 前回はボーカルが入った歌ものについてでした。個人的な経験からは、日本語でも外国語でも、歌詞がある曲は執筆中には向かないということを書きました、では、ボーカルなしのインストものはどうでしょう。

まず、クラシック。交響曲はオーケストラの大音量が鳴るので向いていませんでした。クラシック音楽は交響曲に限らず、静かなイメージの曲でも、意外と音の存在感が強く、執筆の妨げになります。

天才と呼ばれる作曲家たちが作った曲ですから、メロディやハーモニーには、私たち一般の人の想像を超える力が備わっているのでしょう。静かな調べでも力があり、それを一流の演奏家が一流の楽器で奏でるのですから、小さな音でも圧倒的な存在感を感じるのだと思います。

次に、ジャズはどうか。ラグタイム、ニューオリンズジャズ、ビッグバンドジャズ、ビバップ、クールジャズ、フリージャズなどひとおり試してみましたが、どれもジャズ特有のスゥイング感が執筆の妨げになりました。

では、ジャズとロックとの融合のような形で生まれた、70年代~80年代に流行ったフュージョンはどうだったか。個人的には、クラシックやジャズほど執筆の妨げにはなりませんでした。

70年代~80年代のフュージョンを引き継ぐ音楽としてスムースジャズがありますが、こちらはさらに執筆の妨げにはなりませんでした。一時期、仕事するときのBGMとして、スムースジャズを流しっぱなしにしていましたが、とても快適でした。

最後に環境音楽と言われるようなアンビエントな音楽ですが、スムースジャズよりもさらに執筆の妨げにはなりませんでした。

私は仕事をしているときは、空間に音が流れているほうが気持ちが落ち着いて効率があがります。これからも自分にとって最適な音を探していきたいと思っています。


Posted on 2015-01-05 | Category : コラム, ワンランク上の文章へ | | Comments Closed

執筆中のBGM① ボーカル曲の場合


[text:蓬田修一]

原稿を執筆中、どんな音楽を部屋に流したら効果が上がるか、いろいろ試しました。その結果、分かったことがあります。まずボーカルが入った歌ものです。

日本語の歌詞の曲は、ポップス、ロック、歌謡曲などすべて執筆の大きな妨げとなります。耳から歌詞の言葉が入ると、日本語ですからその意味がほぼ100%理解できます。そうすると、執筆するための頭の中で考えている言葉とぶつかりあって、記事の構成を考えたり、文章をまとめたりすることができませんでした。

英語の歌詞の場合も状況は似たような感じです。基本的に英語の歌詞を聞き取ることはできないのですが、ロック、ブルース、ゴスペル、ファンク、ポップスなどジャンルを問わず、「耳から入った言葉(この場合は英語)と、頭で考えている言葉がぶつかりあって文章がまとまらない」という状況は、日本語の歌詞のときと同じでした。

カフェなどでも、お客同士の会話を妨げないよう、歌モノのBGMは、日本語、英語を問わず基本NGになっています。原稿執筆でも同じです。

ではインストもの(曲だけボーカルなし)の場合はどうだったかは、次回書いてみます。


 

Posted on 2014-12-30 | Category : コラム, ワンランク上の文章へ | | Comments Closed