Home > コラム, [七十二候] 自然とともに日本暦 > [七十二候] 春 啓蟄 第七候 「蟄虫(すごもりむし)戸(と)を啓(ひら)く」

[七十二候] 春 啓蟄 第七候 「蟄虫(すごもりむし)戸(と)を啓(ひら)く」


[text:蓬田修一]

第七候 (啓蟄初候) 

蟄虫(すごもりむし)戸(と)を啓(ひら)く

平成二十七年(2015年)三月六日から十日まで

四季:春
二十四節気:啓蟄(けいちつ)

啓蟄(けいちつ)とは、土の中の虫が地面に顔を出し始めるころ。
啓蟄初候の蟄虫(すごもりむし)戸(と)を啓(ひら)くは、まさに戸を開くように、虫たちが土の中から出て来る様子を表しています。


Posted on 2015-01-16 | Category : コラム, [七十二候] 自然とともに日本暦 | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA