Home > コラム, [七十二候] 自然とともに日本暦 > [七十二候] 冬 小寒 第六十七候 「芹(せり)乃(すなわ)ち栄(さか)う」 春の七草粥をいただきます

[七十二候] 冬 小寒 第六十七候 「芹(せり)乃(すなわ)ち栄(さか)う」 春の七草粥をいただきます


[text:蓬田修一]

第六十七候 

芹(せり)乃(すなわ)ち栄(さか)う

平成二十七年(2015年)一月六日から九日まで

四季:冬
二十四節気:小寒

芹(せり)が生えてくるときです。芹は春の七草のひとつです。

一月七日には、七草粥をいただきます。春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(蕪)、すずしろ(大根)。
一月八日はどんど焼き。玄関などの松飾りをはずして燃やします。


Posted on 2015-01-09 | Category : コラム, [七十二候] 自然とともに日本暦 | | Comments Closed
関連記事